2008年11月19日

すばる証券FXのWEBセミナー

FX業者で恒例のように行われているセミナー。
新たな知識を求めたり、ちょっと立ち止まって復習の機会になったり・・・本を読む方法とはまた違い、得るものも多いです。

首都圏で開催されてる会場セミナーは有名講師を招いたもの等はすぐに定員いっぱいになるぐらいFXのセミナーは人気です。また、セミナーの様子をWeb上で閲覧することができ、家にいながら受講できるのがうれしいWebセミナーも盛んに開催されてます。

しかしWebセミナーの時間も決まっていてなかなか受講できない!
そんな時にみつけたのが【すばる証券FX】のWebセミナーです。


すばる証券FXビデオセミナー


>>このブログのRankingは・・・・??

すばる証券FXのWebセミナーは講師が鈴木隆一氏。
内容はテクニカル分析についてです。
全25回のセミナーですが、1回のセミナー時間は5分と短時間!
しかも自分の都合のよい時間に、自由に受講することができます。(もちろん受講料は無料!)
pdf資料がついているので簡単にダウンロードできます!

Webセミナーでも、日時か決まっているものもあるのですが、都合のよいときに受講できるのは魅力ですね。

テクニカル分析についての理解を深めるために、一気に第4回まで受講してみました!
それぞれの講座のポイントを抑えてみました。


【第1回】なぜテクニカルなのか?
ファンダメンタル分析(経済指標や政治等で為替の流れを分析)はあいまいになりやすい。そこで長い範囲での為替相場の流れを分析して建玉があればどの相場にいるのかということを知るためには重要!


【第2回】トレンドはフレンド
為替相場は一定の流れに従って動いているため、テクニカル分析では中期・長期という期間を決めて上昇しているのか下降しているのかという流れをつかむことができる。

【第3回】トレンドラインをひいてみよう
為替相場の流れを視覚的に見やすくするためにトレンドラインを使います。
★上昇トレンド・・・安値を結ぶ線
★下降トレンド・・・高値を結ぶ線

復習を兼ねて【FXオンラインジャパン】のチャートを利用してトレンドラインを引いてみました!
日足で2008年8月から直近のチャートです!

トレンドライン

これは下降トレンドですね★


【第4回】強い味方移動平均線
ある一定期間の平均値をとり、大まかなトレンドを認識する方法で多くの人が利用しているテクニカル分析です。

短期線・中期線・長期線をひいて、トレンドを認識!
線の並び方によって上昇か下降か見極めることがでるようです!

≪上昇トレンド≫
上から短期線・中期線・長期線と線が並んだ場合には上昇するとみられています。
短期線が下から長期線を突き抜けると上昇トレンドが起こる交差点でゴールデンクロスと言われています。


≪下降トレンド≫
移動平均線が上から長期線・中期線・短期線と並ぶと下降トレンドです。
また、短期線が上から長期線を突き破ると下降トレンドでデッドクロスと呼ばれています。

さっそく外貨exにて移動平均線を復習してみました!
期間ですが、短期6日・中期13日・長期26日です。なお、一度決めた期間で分析に使用することがポイントとのことです。
しかしながら初心者なのでどれを参考にしたらよいかわからない・・・・日足のチャートだと、フェボナッチの数といって、短期13日・中期55日・長期233日が一般的に用いられるとのことです。
フェボナッチについてはまた今度調べてみたいと思います★

移動平均線


>>すばる証券FXの公式HPをCHECK!!
>>すばる証券FXのスペックをCHECK!!
>>すばる証券FXのクチコミを投稿!

>>すばる証券FXのWEBセミナーはこちら

posted by FX主婦 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー受講レポート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック